オステオパシーとは1874年にアメリカ人医師のアンドリュー・テイラースティル博士
により発表された「自然医学」です。

オステオパシーの目的は単に痛みを取るだけではなく、
筋骨格系の障害を取り除く事で身体全体のバランスと
正常な体液循環(血液・リンパ液)を回復させ、
その結果として疾患の改善や人間が本来持っている
自然治癒力を引き出す事を研究してきた医学なのです。

オステオパシーの理論は「体の構造が正しければ、体が不調に
なっても自分で治す力、いわゆる自然治癒力が機能して健康な
身体に回復すると考えます。」

”それを見つけ、治し、放置せよ” この言葉はオステオパシーの創始者である
アンドリュー・テイラースティル博士が残した有名な言葉です。その言葉の意味とは?

分かりやすく言えば「筋肉の緊張・背骨のズレを施術し、あとは自然治癒力で回復する」
切り傷があれば、消毒して絆創膏を貼ればいつの間にか治っている、そのような考え方です。

患者様一人一人に知っていただきたいことは、健康を失えばすべてを失うという事です。


大げさに聞こえるかもしれませんが、大病をすれば仕事を休まないといけませんし
後遺症が残れば、一生不自由な生活が待っています。

お金が紙切れに変わることだってあるのです。

そして、健康を害して人は初めて健康であることのありがたさに気づくのです。
食べれること・歩けること・しゃべれることは決して当たり前ではありません。

本気で自身の体を改善したい方を私は全力でサポートいたします。

元気だと思っている人もオステオパシー的にチェックしてみたら
問題が見つかり、施術が必要なケースもあります。