オステオパシーとは1874年にアメリカ人医師のアンドリュー・テイラースティル博士
により発表された「自然医学」です。

オステオパシーの目的は単に痛みを取るだけではなく、
筋骨格系の障害を取り除く事で身体全体のバランスと
正常な体液循環(血液・リンパ液)を回復させ、

その結果として疾患の改善や人間が本来持っている
自然治癒力を引き出す事を研究してきた医学なのです。

オステオパシーの理論は「体の構造が正しければ、体が不調に
なっても自分で治す力、いわゆる自然治癒力が機能して健康な
身体に回復すると考えます。」

元気だと思っている人もオステオパシー的にチェックしてみたら
問題が見つかり、施術が必要なケースがあるわけです。